いつも元気に!!


椎間板ヘルニアを発症したM・ダックス、スムース・レッドの航太朗の日記。2002/5/9生まれ、北海道在住。
by akiakkiaki
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ:犬の椎間板ヘルニアについて( 4 )

☆治療、リハビリについて☆

☆治療☆ 
 軽症なら内科治療、重症なら緊急外科手術とリハビリ療法
 確定検査:脊髄を圧迫する椎間板ヘルニアの部位や状態と、神経まひの程度、症状を詳しく調べる神経学的検査やレントゲン検査。
 手術前にはさらに詳しく調べる為に全身麻酔を使用して犬を眠らせ、造影剤を注入してCTを撮る。

 ヘルニアの状態や神経麻痺の程度、症状が軽い初期の段階なら、痛みや炎症を抑える薬剤を投与する内科的治療を行っていく。患部に痛みがあれば、周辺の筋肉が緊張したままで、ヘルニアを起こした椎間板への負荷、衝撃が大きくなる。炎症があれば、患部が腫れて脊髄への圧迫も増す。痛みや炎症を抑えるだけで、症状が緩和することも少なくない。
 また、激しい動作を控えるために、ケージの中で安静にさせるのも有効だ。なお、緊急手術の必要がない段階なら、脊髄圧迫の原因である椎間板内の髄核を溶かす酵素を、注射器で注入する治療法も効果がある。
 (最近では、東洋医学の鍼治療や、レーザー治療も話題になっています。PCで検索すると情報が出てくると思います。)

 しかし、足先が握りこぶしのように丸くなっていたり(ナックリング)、さらにひどくて、”腰が抜けた“状態で立つこともできないようなら、脊髄造影レントゲン検査(CT検査)で患部の部位と状態を正確に見極め、外科手術で、すぐに脊髄を圧迫している髄核を取り除かなくてはならない。もし、脊髄の、筋肉や腱などの動きにかかわる「深部痛覚」が失われれば、一、二日で脊髄が壊死してしまい、たとえ外科手術をしても、回復不可能になりかねない。※※これまで哺乳類の中枢神経は再生しないというのが定説だったが、自身の骨髄細胞を増殖させて患部に注入する「再生医療」技術が進展し、日本でも、最近、交通事故などで脊髄切断した犬や猫に対する試験的な「再生治療」が始められたそうです。

 うちの航太朗の場合は、5月29日の夕方に下半身麻痺となり、30日ステロイド内服、改善がないので、31日治療方針に納得いかず病院を変えて点滴でステロイドを入れ、それでも改善がなかったので6月1日の昼過ぎに手術をしました。
 手術前の診察では深部痛覚はわずかに残るレベル4と診断されました。


☆リハビリ☆
 椎間板ヘルニアの治療においては、外科手術に成功したとしても、治療過程の六合目。神経まひが回復するかどうかは、術後のリハビリ治療の良否にかかっている。そのなかで効果的なのは、まひした患部に刺激を与えるジェットバス療法や、犬用車椅子で散歩して機能回復を図っていく車椅子療法など。リハビリ療法で何よりも大切なのは、獣医師と飼い主、そして愛犬自身の熱意、意欲である。

 航太朗の場合は、ジェットバスなんて素敵な環境はもちろんありませんので、自宅でできるリハビリを医師に教えていただきました。
 ・時間のある限り出来るだけ、正しい姿勢で立たせる。(後ろ足に麻痺が残っているので、後ろ足を支え、後ろ足がひっくり返らないようにする。)
 ・ネットで教えていただいた足の裏マッサージ(肉球部分をプニプニ押してマッサージ)を暇あればいつでも。
 ・後ろ足の屈伸運動。
 
 リハビリは、犬が嫌がるくらいしつこくしましたね。(笑) 麻痺が残っているので、しっこは時間を見て3~4時間程でトイレに連れて行き膀胱を圧迫して排尿させていましたのでその都度リハビリ。犬が起きていればリハビリ。ご飯中も後ろ足支えてリハビリ。甘えに来ても、抱っこしつつ肉球プニプニ。 歩けなくなると、瞬く間に足の筋肉がこそげ落ちます。驚きました。
[PR]
by akiakkiaki | 2006-06-28 18:35 | 犬の椎間板ヘルニアについて | Comments(16)

☆脊髄軟化症について☆

☆脊髄軟化症について☆

 ダックスはⅠ型とよばれる椎間板ヘルニアを起こしやすいです。脊椎と脊椎の間(椎間)からゼリー状の髄核が変性して突出し、脊髄を圧迫していまい、その部位から下方(尾側)にさまざまな程度の麻痺を起こします。
 その髄核の飛び出すときの圧力が強すぎると、脊髄内の血管を破壊し、脊髄が上行性(頭側へ)および下行性(尾側へ)に徐々に壊死していき、約1週間で延髄に達し、呼吸が止まり亡くなってしまいます。脊髄軟化症は椎間板ヘルニアの6%で起こるそうです。
 こうなると助けることはできず、麻痺が次第に腰から頭の方へ進んで行き、呼吸が止まるまで何もできなくなってしまいます。
[PR]
by akiakkiaki | 2006-06-28 18:34 | 犬の椎間板ヘルニアについて | Comments(4)

☆予防について☆

☆予防☆
 なんとなんと!!
 少し古い研究らしいですが、椎間板ヘルニアを起こした犬のうち、実に65%がミニチュア・ダックスという報告が!!
 何よりも大切なのは予防です。
 軽ければ内科療法で治りますが、重ければ生涯下半身麻痺(腰椎椎間板ヘルニアの場合)、さらに脊髄軟化症になるとわずか1週間で亡くなってしまう場合があるそうです。
 ヘルニアになる恐れのあるモノ達は、初めから排除しておくと、人間が原因を作ってしまうヘルニア発症の確立はかなり低くなると思います。

 ・肥満にならないように、食事管理をする。
 ・フリスビーやアジリティ、過度のボール投げなどの激しい運動や、足を踏みはずしやすい砂利道の散歩はなるべく控える。
 ・室内が、滑りやすいフローリングの床なら、カーペットなどの敷物を敷いておく。
 ・ソファ、階段などへの跳び乗り、跳び降りをさせない。
 ・興奮してむやみに走り回らないように躾る、嬉しいあまりジャンプしないように躾ることも大切だ。
 ・骨の変性、老化は一様に進むので、どこか一か所が椎間板ヘルニアになれば、近くのか所で再発する可能性も高いので十分に気をつける。
などなど・・・。

 椎間板ヘルニアの症状は、「冷やす」と悪化するそうです。夏なら、室内犬の場合、冷房に要注意。冬なら、室外犬の場合、冷気や寒気、寒風から犬と犬小屋を守ってあげること。また室内犬でも、人間が眠りについたあとの夜間、暖房マットなどの配慮をしてあげることが大切。


ちょっと大雑把なものになってしまいましたが、ここは少しずつ時間を掛けて充実したページにしたいです。

私達は手術でラッキーなことに下半身麻痺を免れました。それでも一時期は、航太朗が一生下半身麻痺になることを考え、犬用の車椅子を探したりしました。
ダックスお友達にもかっこいい車椅子に乗っているランチ君海君もいます。
そうです。ヘルニアで麻痺になってしまっても、素敵な飼い主さんのお陰で、毎日楽しくハッピーに過ごしているワンコが沢山いるんです。
大切な愛犬がどんな状態になっても、変わらぬ愛情で接してあげましょうね。
[PR]
by akiakkiaki | 2006-06-28 18:32 | 犬の椎間板ヘルニアについて | Comments(0)

☆犬の椎間板ヘルニアとは、症状、原因☆

ちょっとまとめてみようかと思います。
(素人である私が情報収集をしてまとめたものですので、間違いも多々あると思います。ちょっとしたご参考に・・・。)

☆椎間板とは☆
 「椎間板」とは、「脊椎(背骨)」を構成する椎骨の下部(腹側)組織である「椎体」同士を結びつける円板状の軟骨。
 軟らかいゼリー状の「髄核」と、その外側を取り囲む「繊維輪」から成り、脊椎にかかる力を吸収するクッションの役目を果たしている。                
 脊椎には、脳とつながる重要な中枢神経「脊髄」が走っている。脊髄は、体じゅうの末梢神経が感知した感覚や刺激情報を脳に伝え、また、脳から各部の筋肉を動かす指令を末梢神経に伝えている。ほかに、急に寒熱や痛みなどを感じて手足を動かす「反射」情報を、自ら処理する役割もある。
 脊髄は、椎骨の中の、椎体と椎間板との連結組織の上(背側)に位置している。ところが、組織の老化や外傷、あるいは先天的な要因で、椎間板が固くなったり、損傷したりすると、内部にあるゼリー状の髄核が外に出てきたり(下図タイプI)、外側の繊維輪が突き出してきて(タイプII)脊髄を圧迫。様々な神経まひを起こす。ひどくなれば、脊髄が壊死して、生涯、立ったり歩いたり、自ら排尿排便することもできなくなる。


☆発症しやすいと言われている犬種たち☆
 ・ミニチュア・ダックスなどの胴長短足系。その他、ビーグル、シー・ズー、ヨークシャー・テリ  ア、トイ・プードル、柴犬などだそうです。 

 一般には5歳以降、つまり年齢を重ねるとともに発症しやすくなるが、ミニチュア・ダックスの場合、2歳ぐらいから発症するケースもあり、うちの航太朗の場合は3歳で発症。


☆初期症状として現れるもの(うちのダックスの航太朗の場合)☆
 ・背中に触ったり、抱こうとすると痛がって鳴いたり怒ったりする。
 ・歩く時、びっこ(跛行)をひいたり、足がふらついたり、のろのろ歩きになったりする。
 ・歩き方がいつもと違う。いつもより小またになったり・・・。
 ・歩きたがらない。
 ・ソファや階段などへの昇り降りを嫌がる…。
 ・食欲がなくなる。
 ・寒くないのに震えるたりする。
 ・いつもの甘える様子とは違い、元気がなく必要に飼い主の側に来てくっついている。
 ・いつもと比べ元気がなく、何かが気になる。 航太朗は頚椎ヘルニア疑いの時には、頭をいつも通りには上げられませんでした。

椎間板ヘルニアの80%は胸椎と腰椎に発症、20%は頸椎に発症するそうです。

ヘルニアが進行すると麻痺症状が現れます。
 *胸椎から腰椎ヘルニアの場合
  ・後ろ足がひっくり返る。(ナックリングと言います。)
  ・腰が痛みで丸くなる。
  ・痛さで眼が虚ろ。
  ・排尿をコントロールできない。しっこが溜まると、垂れ流しになる。
 *頚椎ヘルニアの場合だと
  ・首を保持できない。
  ・後ろ足だけではなく前足に麻痺症状が出るようです。
  ・麻痺が進行すると呼吸困難にも陥ってしまうようです。

 胸腰椎椎間板ヘルニアのレベル別症状
 --------------------------------------------------------------------
 レベル1 背部の痛みがあるため背中を丸めたような姿勢をとることが多い。
       運動したがらない。触ると痛がる。
 レベル2 後肢がふらつきながら歩く。不完全麻痺がある。
       趾を裏返してすぐに返らないまたは裏返した状態のまま。
 レベル3 自分の意思で後肢を動かせない(随意運動不能)。
       後肢を引きずる。
 レベル4 排泄が自分でできなくなる。
 レベル5 後肢の感覚がなくなり、痛みを感じなくなる。(深部痛覚消失)
       深部痛覚が消失して時間が経過してしまうと、神経のダメージが大きくなってしまい手術        しても麻痺が回復しなくなってしまう。神経のダメージはⅠ型での突出物が硬いと、量が        少なくても大きなダメージとなることもあるそうです。


 とにかく、ちょっと様子がおかしいなと思ったら、病院に連れて行ってあげてください。航太朗は昼間にびっこ引き出して、その日の20時には下半身麻痺になりました。もっと早く対処してあげたら、痛い思いをして手術をしなくてもよかったのかもしれません。
病院に掛かって、何もなければ安心ですし!


☆原因☆
 多様な姿勢、動きを支える脊椎には多くの負荷がかかっており、特にクッションとなる椎間板の負担は想像以上に大きい。四足歩行の動物では、頭部や胴体の重みを横(地面と並行)に伸びる脊椎が支えることになり、跳んだり、体をねじったりすれば、特定の部位に大きな力がかかる。
 年をとれば、骨も水分や養分が減り、もろくなり、椎間板が衝撃をうまく吸収できず、ひびが入りやすくなる。その結果、内部の髄核がそのひびから外に出やすくなる。また、椎間板の本体(線維輪)は上部(脊髄が通る背側)が薄いため、髄核が上部に飛び出し、脊髄を圧迫することになる。
 椎骨は、頸部の頸椎が7個、胸部の胸椎が13個、腰部の腰椎が7個…だが、腰椎部分に発症するケースが最も多い。
 最初に、ダックス系の犬は若い時から椎間板ヘルニアになりやすいと述べたが、その理由はいくつかある。一つは、先天的に軟骨の形成異常になりやすく、若いころから椎間板が固く、もろくなりがち。そのうえ、胴長のため、脊椎への負荷が大きい。さらに、室内でも元気よく跳んだり、駆けたり、ほえたりしがちで、脊椎に無理な力がかかり、椎間板を傷めやすい。
[PR]
by akiakkiaki | 2006-06-28 11:46 | 犬の椎間板ヘルニアについて | Comments(8)


カテゴリ
最新のコメント
ハイビ母さん♪ あ..
by akiakkiaki at 16:50
航太朗クン、12歳になっ..
by ハイビの母さん at 15:40
けんた母さん♪ あ..
by akiakkiaki at 17:46
母さんも更新嬉しい♪です..
by ぐうたら母さん♪ at 16:07
響さん♪ 笑 お..
by akiakkiaki at 08:55
以前の記事
フォロー中のブログ
excite以外の方のリンク
★ネットで買えば断然お得!お買い物なら「楽天市場」★
・・・航太朗のお菓子のまとめ買いなどの使ってます。
ライフログ
タグ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧