いつも元気に!!


椎間板ヘルニアを発症したM・ダックス、スムース・レッドの航太朗の日記。2002/5/9生まれ、北海道在住。
by akiakkiaki
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

「いやん、恥ずかしい!」

d0064640_15464558.jpg
何もそんなすき間に顔つっこまなくても・・・。(汗)

みなさん、なかなかコメントにお返事できなくてごめんなさい!
みなさんの所も読み逃げの毎日です。


本日の航太朗氏、お陰さまで元気です。
腰の曲がりも以前と変わらない位に、そしてガウガウも戻ってきました。
歩行状態も大分、前の状態に戻ってきました。

今朝なんて、
卵(←大好きなんです。ボールに似てるから。笑)にアタック仕掛けてきて、
ヘルニアに対しても卵に対しても焦りました。(泣)


28日に病院へ行き、丁寧に触診し、歩く姿を見てくださった医師は、
頭を上げないのは頚椎が痛い訳じゃなく腰をかばう為にしてる姿じゃないか、と。
なぜかと言うと、どうやら航太朗は首が張っている様子。
歩き方を見ると後ろ足がヨタ付いているので、痛みの原因は腰。
そしてそこを痛くしない様に、自分で気を付けて顔を上げないようにしてるのではないか、と。

ただ、頚椎にもヘルニアっ気があるかもしれないのは否めない。

という事でした。


医師曰く、こちらの病院では航太朗のような好発部位で
(頸部椎間板ヘルニア:第2頚椎から第6頚椎の4つの椎間板で。
胸腰部椎間板ヘルニア:約75%が第11胸椎から第2腰椎の4つの椎間板で。
航は腰椎1・2番)椎間板ヘルニアを発症して手術した場合、
その他の部位を2度3度と手術しなくてはいけないケースは少ないんですって。
こちらの病院では2・3日に一度椎間板ヘルニアの手術する子がいるそうなので、
それだけ好発部位で発症するケースが多いのでしょうね。

ただ、航太朗のような「ヤンチャ」で「ハイパー」な性質の犬は、
違う部位で発症することは十分にありうる、ともおっしゃっていました。(涙)


何回か椎間板ヘルニアで手術をしている子が居るのも事実ですから、
私が回避できるであろうリスクは気を付けてあげなきゃ、と改めて考えました。
軟骨異栄養犬種と言われるダックスです。



そして、これも稀なのだそうですが、手術したのと逆側(航は右椎弓切除術)で、
ヘルニアを発症することもある、と。


医師とともに、画像を撮るほどの緊急性はなさそうだと話しました。
内服が減量期に入っているのに効果がいまいちと言うなので、
内服(7日間内服予定のものですがステロイド量が多目だった為、6日目の30日で止め)
と併用して酢酸メチルプレドニゾロン注射しました。
そして31日に評価です。


翌朝29日は歩行に力が入ってきていました。(と言っても昨日よりいい程度)
実は2年前のこの日が、ヘルニアを発症した日なのです。
忘れやしません。


30日夜、最後のステロイド内服です。
明日調子が良くなっていれば、普段使いのグルコサミン・コンドロイチンなどで
自宅で様子を見ることに。
調子が良くならず不安であれば、状態によってステロイドがまだ使用できるか採血して
引き続きステロイド内服するか、ステロイドまで必要がなければ非ステロイド剤を使用していくことになります。


31日、元気は出てきた。
歩行も段々と力強くなってきた。
でも、もう一声。

と言う事で、昨夜からは非ステロイド剤のリマダイル錠を内服しています。




今日は6月1日。

手術をした日からちょうど2年です。





☆今回の受診料
 ・薬代含め・・・・・・・・・・・・・・・・・1470円
[PR]
by akiakkiaki | 2007-06-01 15:46 |  ④その後
<< オレ様、復活!! のほほ~ん。 >>


カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
excite以外の方のリンク
★ネットで買えば断然お得!お買い物なら「楽天市場」★
・・・航太朗のお菓子のまとめ買いなどの使ってます。
ライフログ
タグ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧